犬と猫とわたし

ラサ・アプソとペキニーズと三毛猫ちゃんとの暮らし

ペキニーズ

ペキニーズのヘルニア

 

ペキニーズのナナちゃん

この7月に四歳になります。

と、この年齢あたりに発症しがちなのが

ヘルニア❗

ペキニーズダックスフント

に多いらしいです。

元気に飛び回ってたナナちゃん、

先日、

全然起きてこなくて、

抱っこして外に降ろしても

ベッタリしゃがんだまま動かない。

玄関先のその場で少も大も済ませたので

とりあえずおうちへ。

ゲージの中のベッドにおくと

顔を隠すように寝て出てこない、動かない。

 

散歩をいやがる日もあるので、

寝かせておこう、と思ってたけど、

な、な、なんと!

あれだけ食い意地の張ったナナちゃんが、

ご飯食べてない‼

そしてなにやら震えてる!

こりぁおかしい!

でも怪我してるわけでも、上げ下げもないし、

こんなんで判断出来るんだろうか❓!

原因不明とか言われたらどうしよう(;>_<;)

イヤイヤ、とにかく動物病院へ!

 

 

焦っているのに、

11台もある駐車場はいっぱい、

診察券を預けて一時間半くらいかかりますとのこと。

歩かないから時間潰しの散歩も出来ず、

一旦自宅へ。

 

春は、元気な子達も

狂犬病の注射に来るから、大混雑!

原因不明とかだったらどうしようo(T△T=T△T)o

このまま歩けなくなったら…

それより食べれないってどうしよう

とおろおろして一時間が過ぎ、

病院に戻って、受付に行くと

「あと5番目です」

え??もう過ぎてるくらいかと思った。

とりあえず車で待ってる旨を伝え、待機。

出てくる患畜を数えて

3組が出たところで待合室へ。

ため息つきながら待って

やっと呼ばれて診察室入場!

「動かないんです」と言っただけで、

「✴あ~あ」と腰を触り

「ヘルニア」ですね。

とのこと。

 

んん?(  -_・)?

そう言うこと⁉この若さで⁉

 

先生いわく、

この四歳頃に発症するのが多いのだそお…

あー、階段もソファもベッドも

ジャンプしまくりだったなぁ~と思い出す…

元気いっぱいの子犬だったから、

それを大人しくさせることもせず、

家をフラットにすることもしなかったなぁ

と反省…

ひとまず注射を打ってもらったけど

治療ではなく、痛み止めだった。

翌日から三日間の痛み止めの飲み薬

「ステロイド錠」もらって(めっちゃちいさい錠剤だ)

 

 

そして、1週間くらいの安静

散歩はなしで、ゲージで。

たま~に、にゃんこが寄り添ってた。

普段は元気なナナちゃんがおとなしすぎて

気になったもよう…

やっぱり家族ね。

なんとなく歩けるようになって、

食欲はすでに復活!

別の心配が増えないよう、温野菜たっぷりの食事に変更。

がしかし、動かず食べると犬もそうよね、

ガッチリ身に付いてました。

これから散歩で消化させねば!

 

 

 

 

 

 

-ペキニーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

狆じゃなくて、ペキニーズなんです。

うちの子、ペキニーズなんですが、 ペットのイベントとか、 公園とか、 ドッグランとか、 いろんなとこで出会う方々に 「狆?ちっちゃいね。」 とか、 3歳 後ろの方で 「あの狆、なんか変ちがう?」 とか …